<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< クルーヴハル島の夕日 どんなだろう | main | 唯一無二の感覚 >>
実直
 


哀川翔に興味なんて全く無かった
少し前に放送されたオーラの泉を見るまでは





軽快にトークするその姿が
発する言葉たちが とても自然だったから

あ この人いいなぁって思った



こういう風に自分が思う人って案外少ないものだよね
だから嬉しいんだ
新しい出逢いは また世界を広げてくれるし







昨日本屋さんに行ったらこれが並んでいたのでもちろん触れてみる事に



いいなと思ったモノには触れてみないと!







早起きをすすめる類いの本は最近よく見かけるけど
これはひと味もふた味も違う!



何かを始めようと思ったら それだけに固執して考えるよりもまず
自分の日常の中にその要素を取り入れていった方が効率もいいし 面白みもあるだろう
みたいな内容の事が本書にも出てくるけど
まさにこの本の姿勢がそう!

早起きの本を書こう と思って書いたというよりは
普段それをしてたら とても良かったからみんなにも提案したくなって
気付いたら本が一冊出来上がっちゃった  というような


両者は似ているようで全く違うもん








哀川翔さんは 実直に生きている人だなぁと思った

シンプルは美しい






また今のあたしにぴったりなモノに出逢えた








評価:
哀川 翔
東邦出版
¥ 1,500
(2009-04)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://fatimatisse.jugem.jp/trackback/3
TRACKBACK